車の買取額が高くなると当日現金払いはやや困難

車の買取額が高くなると当日現金払いはやや困難

車の買取額の支払い方法は、金額に左右される一面があります。もしも金額がやや高めの場合、すぐの支払いはやや困難になる事があるからです。

 

例えばある車買取の業者の場合、50万円を超えるかどうかが1つの目安となります。その業者の場合、即日払いのシステムを採用していますね。車の査定が行われたその日の内に、お金が支払われるそうです。しかもそのお金の受け渡しは銀行振込ではなく、当日に現金払いとなります。急いでお金が必要な時には、嬉しいシステムだと思いますね。

 

しかしそれには条件があって、買取成立額が「50万円以内」である点です。それを超えていると、また別の方法で支払われる事になります。

 

もしも50万円を超えているような場合、その業者では銀行振込になります。現金払いではありませんね。そして当日の支払いはやや困難で、翌日以降になるようです。

 

しかし事前連絡がある場合には、その限りではありません。もしも14時台までに査定が完了していれば、即日払いとなるようです。察するに、銀行の営業時間でしょうか。銀行は、お昼すぎまで営業している事が多いですね。
【パッソ買取】損せず満足のいく査定額を引き出すテク

 

このように車買取の金額がある程度高くなると、即日払いは困難になる場合があります。ですので多くの買取業者は、支払い方法として銀行振込を採用しているのでしょう。

 

ちなみにそれは、何も車に限った話ではありません。そもそも買取というのは、色々ありますね。ブランド品やお酒など、多彩な品物があります。現にあるお酒買取の業者の場合も上記のようなシステムを採用しているので、「買取額が高い時には銀行振込になる」のは買取業ではよく有るようです。
いずれにしても、あまり高い金額の時には即日現金は難しいと考えておいた方が良いでしょう。