株券を売るよりも遥かにシンプルな車売却

株券を売るよりも遥かにシンプルな車売却

私は以前に、金融取引を行っていた事があります。たまにニュースなどで耳にする、金融の投資商品ですね。そして投資商品は、車の買取にもちょっと似ている要素があります。

 

投資商品の基本は、安く買って高く売ることです。例えばある会社の株券を買ったとしましょう。買った時の株価は、1万円です。

 

この後で、株券を売る事になります。株価が1万円以上になったら、売るわけです。12000円の時に売れば、差し引き2千円ですね。もっとも、実際には取引手数料が差し引かれるのですが。

 

それが車売却とどのような共通要素があるかというと、どちらも「売る」からです。車買取では、自分の持っている車を売りますね。
ところで投資というのは、実は売るタイミングが非常に大事になるのです。上記の例では、1万円の時に株券を買っています。8千円の時に売ると、損をしてしまうでしょう。

 

ですので株券を売るとなると、グラフを見なければなりません。チャートというグラフがあるのですが、あれを見て売却タイミングをよく考えなければならないのです。株を売るのは、色々な研究や勉強が必要だと思いますね。投資というものを知れば知るほど、勉強が大事だと思います。
ヴェルファイア 買取

 

では車買取でも、グラフを見る必要があるのでしょうか。

 

ありません。少なくとも車を売る個人の方は、チャートというツールは使っていませんね。車の買取は、もっとシンプルです。とにかく「早めに」売るのが大事です。株のように、価格上昇が発生するケースが極めて少ないからです。車売却は株のようにタイミングを考える必要が無いので、ある意味シンプルだと思いますね。
つまり投資と車買取はどちらも「売る」という意味では共通しています。しかし「売るタイミング」の見極めは、車買取の方がずっとシンプルという訳です。